漢方治療の得意とする分野

冷え症 アトピー アレルギー性鼻炎 胃アトニー
場所(表か裏) 脚が冷えて結果として、内臓(裏)が冷える。そのため、下腹が張り、よくガスがでる。
冬は靴下、電気毛布がないとねれない。
見かけは皮膚(表)に変化がでますが、本質的には裏に原因があります。
裏に湿熱があるか燥熱があるかによって、皮膚に出る変化がかわります。
アトピーなどの慢性の病気には、オケツが深く関わっています。
肺に寒があれば、鼻水がでる。(肺の状態は鼻にあらわれる)。肺は湿り過ぎても、乾きすぎても(乾咳)良くない。 胃に緊張感がなくだらっとしている。
仰向けになって胃の上を軽くたたくとぱちゃぱちゃとおとがする。
体力の強弱(虚、実) 虚証のひとにおおい。 虚の場合がおおい。肺は、皮膚と同じです。肺の虚は、肺の熱と寒と燥のいずれかである。或いはその組み合わせである。 表の虚(皮膚が温度差によわい)。
裏の虚(胃腸が弱い)。
胃腸(裏)の虚で消化吸収が弱い。冷たいものをのみすぎる、食べ過ぎると、すぐ下痢をする。
寒か熱か(寒がり、暑がり) 必要以上に寒がりの人がおおい。温度差に敏感で、夏でもクーラーがにがて。 夏になると増悪し冬になると改善されるものと、夏になるとよくなって冬に悪くなるものがある。 おおむね寒。 寒。
陰か陽か(インアクティブかアクティブか) 陰証の人。 使う漢方がちがう。 おおむね陰。 陰。

急性疾患:感冒、インフルエンザ、嘔吐下痢症など
慢性に経過して患者を苦しめる疾患即ちアトピー、アレルギー鼻炎、胃アトニー或いは冷え症、しもやけ等にもしばしば応用されています。
六淫の邪(風、寒、湿、熱、火、燥)の関わりかたによって、症状が決まる。


感冒やインフルエンザのような急性熱性疾患では、西洋薬の鎮痛解熱剤のように強制的に熱を下げる薬は、漢方では使用しません。
熱産生を高めるような漢方薬を温服することにより(体温をあげるようにしてウイルスの増殖をおさえて)自然な解熱が得られます。


慢性疾患では、どの病気も年余にわたって経過して患者を苦しめているものであります。このような人の腹にはいろいろな変化が現れているので腹診をします。
ですから眼の病気でも腹をみて処方を考えます。即ち常に全体を考えながら局所の不調に対応してゆきます


冷え症を例にとって考えてみますと、消化吸収機能(脾胃)の低下によって水の代謝が悪くなってー胃腸の弱い人ー、水分が体内にたまって冷えます。また気(上に昇る性質がある)の異常によって冷える人もいます。この場合は上半身がのぼせて足の方が冷えます。
水の代謝が悪くなる場合として、胃腸の弱い人では、仰向けに寝て寝返りをするとポチャポチャと音がしますが、このような人は胃腸の働きをよくするような漢方薬、例えば六君子湯(りっくんしとう)、人参湯(にんじんとう)などをのみますと、胃腸の働きが改善されて冷えも軽くなります。



高齢のひとでは、内分泌器官(腎)の機能低下が起こる結果としての冷え
がみられます。このような人には、八味地黄丸のように腎の働きを助ける漢方薬を内腹してもらうと軽快します。


質問コーナーも参考にして下さい。

戻る