脾の働きを、すなわち消化、吸収の状態をあらわします。
舌尖は心の働きをしめします。即ち恐れ、驚き、憂い、思い、悲しみ、喜びの状態をあらわすのです。